日本テレビ系ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(毎週土曜22:00~)のパロディーPR動画で、同ドラマ主演の菜々緒のものまねを演じている静岡第一テレビの永見佳織アナウンサーがこのほど、御本人と対面を果たした。 菜々緒(左)と静岡第一テレビの永見佳織アナ=同局提供 同ドラマは、型破りな人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)が、老舗の損害保険会社で起こる問題を悪魔のような大胆な方法で解決していくもの。静岡第一テレビでは、予告のパロディー動画を第1話から毎週制作し、YouTubeチャンネルで公開している。 このパロディー動画で椿眞子役を演じているのが、永見アナ。タイトスカートに身を包み、濃いアイメイク&真っ赤な口紅という“眞子メイク”で毎回迫真の演技を披露しており、「いつか眞子さまに会いたい」と願っていたが、ついにその夢が実現。菜々緒と、眞子の部下役を演じる佐藤勝利(Sexy Zone)に、このほど撮影スタジオで対面を果たした。 笑顔で温かく迎えてくれた菜々緒と佐藤に、恐縮しきりの永見アナ。菜々緒は「本当にうれしいです。こんなにものまねしていただけるなんて」といい、 佐藤も「菜々緒さんは携帯で見て、笑いながら楽しんでいますもんね」と報告した。 最初にパロディー動画を見たとき、菜々緒は「これはやられたな!という感じがしました」といい 永見アナは「本当ですか!? 動画が皆さんにバレたときに、やめさせられるんじゃないかとヒヤヒヤしていました」とホッとした様子。 その後、眞子が室長を務める「人材活用ラボ」のセットを佐藤が案内し、個性あふれるラボのメンバーのデスクを紹介したり、セットの意外な事実を明かしたりと大サービスを受けた。 対面後、永見アナは「土下座するつもりでいました。お会いするまでとても緊張しましたが、ドラマでの鋭い眼差しの眞子様と違い、対面の瞬間、私の眞子スタイルにまず笑っていただき、終始温かく優しく迎えてくださった菜々緒さん。私たちの動画も楽しく見てくださっているとお話ししてくださり、スタッフ、アナウンスメンバーみんなで頑張ってよかったと心の底から思いました。 菜々緒さん自身は“Miss デビル”ではなく“天使”でしかありませんでした」と感想を語っていた。 『Missデビル』は、きょう9日に、第9話を放送。菜々緒は「殺人事件が起こり、その犯人がMiss デビルではないかという放送回になっています。一気にコメディ要素がなくなるんじゃないかというくらいサスペンス要素がすごく出てきて、皆さんもハラハラドキドキして見ていただけると思います」、佐藤は「まだ明らかになっていなかった謎が9話でどんどん明らかになっていくので、最終回に向けて楽しみになるような内容です」と予告している。 パロディー動画より

関連記事